がん保険の特約と注意点

もしも一家の大黒柱ががんで入院することになったとしたら、所得が減少するのは明らかです。しかし、補償を受けるためには保険料を支払っていかなければなりません。支払うことができず治療を受けられなければ、治るものも治らなくなってしまいます。入院で所得の減っている状態であれば、支払いを行うこと自体が難しくなることもあるでしょう。

しかし、最近のがん保険の中には、がんと診断されれば保険料を支払わなくてもいいといった補償を付加することができるものもあるのです。このような補償を付加することのできる保険を選べば、発病後に保険料の心配をする必要がなくなります。それだけでも家族にとってはかなりの負担軽減となるでしょう。

このように特約にも種類があり、保険会社によって内容が違っているのです。がん保険の補償をさらに充実させるためにも、特約に注目することも大切です。しかし、特約のみの契約ということはできません。必ず主となるがん保険に加入する必要がありますので、その点にも注意しなければなりません。

他にも注意しなければならないのは、待期期間です。この期間というのは大体どの保険会社も90日間となっています。この期間にがんと診断されても補償されませんので注意が必要です。